sorademo.com

お妻さんとの旅行記をメインに綴るブログ

sorademo.com

済州島で海水浴!着替えはどうする?シャワーはある?荷物入れのロッカーはある?

こんにちは。sorademo(@sorademo)です。

 

済州島は「アジアのハワイ」と呼ばれるリゾートです。

リゾートに来たら海です!海水浴です!

海外で海水浴をするには着替えとかシャワーとか色々と気になるところがあると思いますので、今回は済州島での海水浴体験レポを記事にしたいと思います。

 

夏の済州島に来たらビーチにレッツゴー!

f:id:sorademo:20190825020831j:plain

青い空に白い砂浜(オリンパスブルーめっちゃ綺麗!)

ここはヒョプチェ海水浴場のお隣にあるクムヌン海水浴場です。どちらも翰林(ハンリム)にある海水浴場で、ヒョプチェ海水浴場は特に済州島で人気のビーチですが、クムヌン海水浴場も負けず劣らず賑わっています。飛楊島(ビヤンド)も綺麗に見えて海水浴日和ですね!

f:id:sorademo:20190827213800j:plain

海女さんも発見!

クムヌン海水浴場は浅瀬が広くて、子供も安全に楽しく遊べそうです。私たちはというと、少しでも人が少ないところに行こうかなということで、韓国のテレビ番組『ヒョリの民泊』にも出ていた郭支(クァクチ)海水浴場に向かいました。

クァクチ海水浴場で泳ぐ!

f:id:sorademo:20190825013319j:plain

ちょっと雲が出てきちゃいましたね。

クァクチ海水浴場は砂浜が広くて閑散としているようにも見えますが、水際は賑わっています。高級ホテル「メゾン グラッド チェジュ」の海の家なんかもありましたね。あ~、海を見ながらビールが飲みたい!

f:id:sorademo:20190825013330j:plain

こんな感じの建物がクァクチ海水浴場にあります。ここで着替えをしたり、シャワーを浴びたり、荷物を預けたりします。

f:id:sorademo:20190825013539j:plain

荷物預け用のロッカーはかなり混沌としていますが、受付で無料の南京錠を借りることができて、荷物をしまうことができます。南京錠には限りがあるようで、自前をお持ちの方は使っても良いかをスタッフにご確認ください。

また、ロッカーはかなり小さいように見えますが、脱いだ服やらミラーレス一眼やらが色々入った2人分のバッグを詰め込むことができました。

f:id:sorademo:20190825013552j:plain

ロッカーのお隣にあるのが着替え用のスペース(更衣室)。これは自由に使って良くて、中から鍵を掛けることができます。ちなみに近くにトイレもあるので、トイレで着替えるのもありです。

そして写真はないですが、建物内にはシャワールーム(男女別)があります。値段は大人2,000W、子供1,000Wで小分けのシャンプーの販売もありました。

シャワールームには鍵付きロッカーもあるので、タオルや着替えを持って入って大丈夫です。

ここで悲報が。。。シャワーはほとんど冷水です。夏でも冷水はキビシイです汗。1列だけ温水がでるシャワーがあったのですが、とても人気だったので私は泣く泣く冷水で体を洗いました。

海水浴に持ってきた方が良いもの「体を拭くタオル」

f:id:sorademo:20190901230419j:plain

海外のホテルに歯ブラシが無いことは多いですが、だいたいタオルはあります。なので、旅行にタオルを持っていくという発想自体があまり無いのですが、今回は海水浴があるのでスーツケースに入れて持ってきました。これが無いと、シャワーを浴びて着替える際に大変なことになります汗。あまり大きくなくて良いので、準備しておきましょう! 

海水浴に持ってきた方が良いもの「ビーチサンダル」

f:id:sorademo:20190825013456j:plain

綺麗な済州島の海には蟹さんもいました!

このサンダルは無印良品で購入して、自宅のベランダで使っていたものです。海水浴をするにあたり、このサンダルに白羽の矢が立ちました!大抜擢です!!

旅行中もすべてこのサンダルを履き続ける案もありましたが、さすがに長時間歩くのは慣れてくる靴が良いと思い、サンダルはスーツケースに入れて持ってきました。撥水&軽量のEVAビーチサンダルであれば、それほど荷物にならないのでおススメです!

f:id:sorademo:20190902000753j:plain

ちなみに、お妻さんは最近流行りのTeva(テバ)のHURRICANE(ハリケーン)を履いたまま泳いでいました!ベルトが付いているので脱げることがなく、濡れても大丈夫な素材で快適だったそうです。また、クッション性も高く靴擦れも起こりにくいため、旅行中はずっとTevaを履いていましたね!

靴も持ってきてたんだけど、Tevaが快適すぎて夏はこれ1本あれば十分かも。雨季の東南アジア旅行にも履いていこうかなあ。

1984年、グランドキャニオンのリバーガイドが水辺でビーチサンダルが脱げないように、足首を固定するためにアンクルストラップをつけたことから、 Tevaのスポーツサンダルは誕生しました。

海水浴に持ってきた方が良いもの「防水スマホケース」

f:id:sorademo:20190825020837j:plain

こんな感じの防水ポーチを持って行くと良いです。

スマホとカードと念のための現金も入れています。南京錠の鍵も入っていますね。これがあれば海水浴の合間にビールも飲めますし、浮き輪の有料レンタルが仮に現金だったとしても決済可能です。

 

スマホをケースに入れても、何も付けてないような鮮明な写真撮影とスムーズなタッチ操作が可能!ファッションの外観、携帯を入れるだけでなく、カギ、カード、現金なども収納できるので、プールや海での貴重品管理にも最適!

クァクチ海水浴場へのアクセス

済州島中心部からは202線のバスに乗ってくることができます。エウォルも近いのでカフェ巡りのついでに来ることも可能です!ぜひぜひ素敵な済州島旅行をお楽しみください!