sorademo.com

お妻さんとの旅行記をメインに綴るブログ

sorademo.com

【新生活】社会人/大学生になったらクレジットカードを作った方が良い理由

こんにちは。sorademoです。

 

新生活が始まるときにやるべきこと。それはクレジットカードを作ることです。いままでずっと現金で決済してきた人にはクレジットカードというのは大人が持つものという意識が強いかもしれませんが、大人になる第1歩としてぜひクレジットカードを作るべきです。私も初めてクレジットカードを作ったときは、もっと早くカードを作っておけば良かったと思いました。

一方で、クレジットカードを作る際に気を付けるべき、懸念すべき点があるのも事実です。今回はクレジットカードのメリット・デメリットを整理したいと思います。

クレジットカードを持つことのメリット

普段の決済にポイントがつく!

f:id:sorademo:20190209132734j:plain

現金で決済をしたときに、店舗のポイントカードを出せばポイントがもらえますが、現金の決済自体にはポイントが付与されません。ですが、クレジットカードで決済するだけで同じ決済額でもポイントがもらえますので、お得度が違います。

この還元ポイントが1%あるだけでも、気持ちとしては全然違います。また、クレジットカードに精通している人たちの間では、還元率のより高いカードが好まれるため、0.5%よりも1.0%還元、それよりも1.2%や1.5%などの高還元カードの人気が高いです。インターネットで調べていると、カードによって還元率が違いますので、高還元のカードを自分で調べてみるのも楽しいです。

手に入れたポイントは、1ポイント1円で次の決済から使えるものや、景品に換えることができたり、航空会社のマイルにすることもできますので、日々の決済で確実にお得を獲得することができます。

レジで小銭を数える必要がない!

f:id:sorademo:20190209132750j:plain

決済時のポイントが注目されがちですが、数百円の決済でもクレジットカードを使うことで、小銭を数える煩わしさから解放されます。財布を開いて小銭を出しているうちに、あー10円玉が1枚足りなかったーと言って、出していた小銭を財布にしまって千円札を出し、お釣りでもらった大量の小銭を財布に入れるのは大変煩わしいです。

たとえ財布の中に小銭があったとしても、クレジットカードを出してしまえば良いのです。必然的に小銭をあまり持ち歩かなくてよくなるため、財布も軽くなります。重い財布って、小銭部分が変形してしまったりして財布自体にも良くないので極力避けたいところです。ストレスレスな生活を送りたい人にクレジットカードはおすすめです。

ボーナス払いができる!

f:id:sorademo:20190211191749j:plain

ボーナス払いは引き落とし日がボーナス月に設定されるので大変便利です。月々返済していくリボ払いも翌月の引き落としが厳しいときのための仕組みですが、リボ払いは手数料が発生しますので個人的にはおすすめできません。

ボーナス払いは手数料もかかりませんので、目の前の欲しいものがボーナスを待っていると売り切れてしまう可能性があるならば、ボーナス払いで買ってしまうというのもありだと思います。私も何度かボーナス払いはしたことがあり、ご褒美に買おうと思っているものが発売したら、ボーナス月を待たなくても買えてしまうのがストレスフリーで良いです。

家計簿アプリと連動して日々の支出を管理できる

f:id:sorademo:20190209132821j:plain

社会人や大学生になるタイミングで一人暮らしを始める人も多いと思います。一人暮らしを始めると、いままで払っていなかった家賃から食費から何から何まで自分で管理をしなくてはなりません。そこで大事なのが家計簿!家計簿をつけることで日々の支払いが分かるため、銀行口座分も含めて自分の持っているお金がどれくらいかを把握することができます。

ところで家計簿ってお店でもらったレシートをキープしておいて、お家で自分で書かないといけませんが、最近は家計簿アプリなるものがあって、出先で入力することができたり、カメラでレシートを撮影すると勝手に家計簿に記録されていきます。そしてクレジットカードをアプリに登録すると、決済時のデータが自動で連携されて、手入力なしで家計簿に記録されていくのです。

家計簿マネーフォワード ME
家計簿マネーフォワード ME
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ
 
 
 

ネット通販の支払いも楽々!代引き手数料を払う必要がない

f:id:sorademo:20190209133432j:plain

一人暮らしを始めたらついハマってしまうのが通販。いままでは親の目を気にして何かをネットで頼むということはしなかったけれども、一人暮らしならば何が届いてもあれこれ言われることはないです。

ここでクレジットカードの出番です。決済方法は一般的に、クレジットカード決済、代金引換、銀行振込、コンビニ支払い等が挙げられます。代金引換はその手数料として300円程度余計に支払う必要があったりします。銀行振込も送金手数料がかかったりしますね。また、コンビニ支払いも、コンビニに行くという手間が発生します。クレジットカードがあれば、その場で入力、もしくは会員情報として登録しておけば簡単に決済ができて、手数料がかからないのが普通です。余計な手数料を払ったり、手間をかけたくなければ、クレジットカードを使うのが賢明です。

宴会の幹事になっても支払いに困らない

f:id:sorademo:20190209132832j:plain

社会人になると想像以上に色々なつながりの飲み会があります。部署の飲み会。同期の飲み会。大学のときのサークル仲間との飲み会。他社との懇親会。そして若いときほど幹事をやる可能性も高かったりします。

新人君、入社おめでとう!

先輩、ありがとうございます!

じゃあ次からは君が幹事ね。幹事は若手の仕事だから。

え・・・

お店のセッティングから乾杯の音頭を誰にしてもらうかなど、色々と気を回すことが多いのですが、その中で飲み会代の精算というのも大事な役割です。自分が立て替えて払って後日精算するパターンだと、現金で払う場合は多額のお金を財布や鞄に入れておく必要があります。1人3000円~4000円の飲み放題のコースでも、30人程度集まれば1回の飲み会代は10万円もかかります。

10万円を財布に入れておくのって、ちょっと怖いですよね。そんなときにクレジットカードがあれば、サクッと決済をすることができます。

そりゃ、クレジットカードだって落としてしまったり不正利用されてしまうと大変なことに違いないのですが、私は大量の札束を持っているのは同じ額を決済できるクレジットカードを持つよりも心理的な負担を感じます。宴会の決済もスマートにこなす社会人にクレジットカードは必要です。立て替えをカードで決済すれば大量のポイントももらえますし良いですよ!

海外旅行の決済も保険も安心!高級ラウンジ利用もできる

大人になると海外旅行の機会も増えます。社会人になるとお金に余裕が出てくるので、近場の韓国や台湾に旅行に行くこともあるかもしれませんし、大学の卒業旅行で海外に行くなんてことも考えられます。海外に行くならクレジットカードは必須です。

海外での決済はクレジットカードで!

f:id:sorademo:20190209132743j:plain

海外の方がキャッシュレスが進んでいることが多く、クレジットカードでだいたいは決済することができます。むしろ現金を使う機会なんてほぼほぼないです。電車の切符を買ったり、チップを払うようなとき以外は少額の決済でも私はカードを使います。

また、現地でカードを使った方が換金手数料が安かったりします。日本で換金してから海外に行くよりもクレジットカードで決済した方がお得です。初めての旅行先だと、滞在期間にも依りますが1~2万円くらいは現金で用意しても良いかもしれませんが、ある程度慣れた土地ならば5千円くらいだけ用意して極力クレジットカード決済をするのが良いと思います。

海外に行くときの保険も付帯する!

f:id:sorademo:20190209132738j:plain

海外旅行に行くときの障害や疾病に対する保険はどうしていますか?旅行期間だけの保険に入っている方も多いかと思いますが、クレジットカードが保険の代わりになるのです。持っているだけで効果を発揮する自動付帯決済しないと効果を発揮しない利用付帯とありまして、ゴールドカード、プラチナカードとランクが上がることで自動付帯になったり保険金額が高くなります。私は海外に行くときは保険に入りません。カードがあれば十分です。

高級ラウンジに入ることもできる!

f:id:sorademo:20190209132825j:plain

俺ゴールドカードだからラウンジで生ビール飲んでくるわ。あとで合流しよう!

せ、先輩・・・

カードのランクが高いと国内旅行や海外旅行で空港のラウンジを利用することができます。ラウンジの中にもランクがあるのですが、ゴールドカードで入れるラウンジならフリードリンクを愉しみながらソファでゆっくりすることができます。カード会社ラウンジってやつです。

一方、一部のプラチナカードではプライオリティパスなる特別なラウンジ専用カードを発行することができ、もう少しランクの高いラウンジに入ることができます。国内ではあまり威力を発揮しないのですが、海外だとプライオリティパスで食事無料かつアルコール飲み放題のラウンジが利用できたりします。

www.sorademo.com

カード会社ラウンジよりもランクが高いのは航空会社ラウンジ。航空会社の上級会員しか入ることができない特別なラウンジですが、航空会社の上級会員に一瞬でなることができる特別なクレジットカードも存在します。後半で紹介しましたラウンジ利用も伴う一部のカードは年会費も発生しますので、クレジットカードに慣れて知識を積んでからの発行がおすすめです。

クレジットカードのデメリット

クレジットカード押しの強い私。でもクレジットカードにもデメリットがあるわけです。デメリットも考慮した上で利用するかしないかを決めるというのは、クレジットカードに限ったことではありません。何事にも見極めが必要です。

クレジットカードが使えない場面がある

f:id:sorademo:20190211191737j:plain

いくらキャッシュレスが推進されているとはいえ、クレジットカードが使えない場面というのは少なからずあります。そもそもお店がクレジットカードを導入すると、決済の度にクレジットカード会社にマージンが払われる仕組みになっているため、OKしていない店舗もあります。例えば、飲食店のランチなどはコストを削って集客している場合が多いので、クレジットカードをお店側が認めていないこともあります。

日本よりキャッシュレスが推進されている国においても現金が必要という場面はあります。先の例で出したチップなんかが最たる例です。レストランのチップなどは決済にインクルードされているケースが多いですが、荷物を持ってくれたボーイさんに渡すチップやピローチップのようなものはキャッシュが必要になります。すべてをカード1枚で突き通したいという気持ちは私にもあるのですが、まだまだ障壁があることを認識しなければいけません。

ついつい使い過ぎてしまう

f:id:sorademo:20190211191745j:plain

昔から言われていることですね。これが先入観となって現金でずっと決済している人も多いのではないでしょうか。

「実際、使い過ぎることなんてないよ」なんて一概には言えません。私も経験があります。先で紹介したボーナス払いなどを調子乗って重ねていると、本当に欲しいものを買っているのかわからなくなります。クレジットカードがあれば何でも買えるという高揚感に騙されているのかもしれません。計画的に欲しいものを家で考えてからショッピングに行ったり、家計簿アプリを駆使して支払総額をコントロールする必要があります。

まずは年会費無料のクレジットカードを

f:id:sorademo:20190211191741j:plain

デメリットも紹介しましたが、少しでも興味がある方はまずクレジットカードを使ってみることをおすすめします。そして最初に発行するのは年会費無料にした方が良いです。クレジットカードが好きな人の間でおすすめとされるカードには年会費がかかるものもありますが、実際に使ってみて、自分に合わなかったとなったときに高い年会費を払うのは悲しくなりますので、慣れるまでは年会費無料で色々な決済に使ってみることをおすすめします。

最初の1枚におすすめなのはエポスカード

もちろん年会費無料です。このカードの良いところはたくさんあるのですが、ここで取り上げたいのは年会費無料のゴールドカードに進化するということ。ゴールドカードって年会費がかかって敷居が高いイメージですが、年間50万円程度決済しているとゴールドのインビテーションが届きます。エポスゴールドなら国内のカードラウンジに入ることもできます。

そしてこのカードはプラチナカードまでインビテーションで進化します。「ジーンズはリジットから自分好みの皺をつけたい」、「革製品のエイジングが好き」といった「育てること」が好きな人にはクレジットカードも育ててプラチナカードにするということもできます。年間100万円の決済をしていればプラチナのインビテーションが届きます。私も20代でエポスプラチナを手に入れましたので、比較的ハードルは低いと思います。エポスプラチナになればプライオリティパスも無料で発行できますので、海外旅行が好きな人におすすめですよ。

www.sorademo.com

www.sorademo.com