sorademo.com

お妻さんとの旅行記をメインに綴るブログ

sorademo.com

暮らすように旅する。テカポ湖のコテージ

こんにちは。sorademoです。

 

クライストチャーチ観光の後、私たちはインターシティ社のバスでテカポに向かいました。今回の旅行はツアーではなく個人旅行です。すべて自分たちで手配して、テカポに3泊する計画です。もちろんインターシティ社のバスも自分たちでネット予約です。

テカポに来るのは2回目になります。以前、ペッパーズブルーウォーターリゾートに宿泊してとっても快適だった記憶があったので、今回もペッパーズでの宿泊を考えていました。しかし如何せん1泊の値段が高い高い。少しでもお金を浮かせたいと考えていた時に、ふいに浮かんだのがコテージという選択です。

ペッパーズのお部屋にはコテージのようにキッチンが付いていましたが、ペッパーズに泊まってもコテージに泊まっても、ご飯は自炊かレストランに食べに行って夜は寝るだけだなと割り切って、今回はコテージを選択しました。ペッパーズの朝食は美味しかったので少なくとも朝食が自前か否かという点で違いはあるのですが、クライストチャーチからの旅行だったので、少しでもコストは抑えたかったのです。

 

そしてこの選択は大正解!

 

初めてコテージに泊まりましたが、またテカポに来たら私たちはコテージをもう一度選択します。そんな素敵なコテージを今回は紹介します。

 

まずはチェックイン

鍵の受け取りはゴッドレイホテル内にあるディスカバーテカポにおいて行います。

f:id:sorademo:20190123002248j:plain

よくあるホテルの受付のような所はゴッドレイホテルの受付であり、コテージの受付は割と簡易的な事務所みたいなところです。受付してくれた女性がとてもフレンドリーなのが印象的でした。ニュージーランドの人たちって優しくて温かい人が多いです。

コテージまで徒歩10分かかります。国際免許を取得してレンタカーを借りている人には朝飯前の距離ですが、バスで移動している私たちにとってスーツケースを引きずっての10分はちょっとしんどいです。

f:id:sorademo:20190123002057j:plain

それでもこんなに開けた道を青空の下を歩けるのは気持ちがいい。人気が少なくなってくるけれども周りには別荘やらコテージやらがたくさんあって、そろそろ到着かなあ、まだかなあと気が早まります。

f:id:sorademo:20190123002205j:plain

そんなこんなで到着です!

ここらへんは庭やテラスが付いている大きいコテージが多く、写真に写っているのも横長でいわゆる平屋タイプです。レンガ調のデザインが割とお洒落でポイントが高いですね。

おっと、なんか小さな小屋も併設してますね...

f:id:sorademo:20190123002208j:plain

この小屋が私たちが泊まるイカしたコテージLittle Rockだ!

Oh Dear Little Rock!!

f:id:sorademo:20190123001643j:plain

リトルロックに入ると、まずは大きなベッドがひとつあります。ダブルベッドかと思ったらクィーンサイズらしいです。しかもベッドカバーの柄が北欧みたいな感じでかわいい。やるじゃないか。

ちなみに横長の建物はBig Rockという別のコテージです。リトルロックのファミリータイプなので家族やグループで来たときはそちらの方がおすすめです。

f:id:sorademo:20190123001640j:plain

テレビだってテーブルだって革張りの椅子だってあります。趣があるウッドチェアだってあります。ちなみに予約したのはBooking.com経由で、クチコミではWiFi環境があまり良くないとありましたが、私たちが宿泊したときにはvodafoneのWiFiが整備されていて快適でした。

f:id:sorademo:20190123001824j:plain

視点を変えてみました。ビジネスホテルと同等か少し広いくらいに感じられます。

f:id:sorademo:20190123001819j:plain

もちろんエアコンもあります。あと気づいたのは虫がいないということ。そりゃ業者さんの清掃のときに入ってしまうことはあるだろうし、宿泊しているときも気を抜いてしまうと虫が入ってしまうこともあると思いますが、宿泊中は快適に過ごせました。

f:id:sorademo:20190123002101j:plain

シェードカーテンを下すことでプライバシー的にも◎

そもそもテカポにはあまり虫がいないです。湖周辺のレストランにはけっこうハエがいて、それは割り切るしかないけれども、日本でキャンプするよりも虫がいないような気がします。ムカデとテントウムシとちいさな蜂みたいなのは見ましたが、たくさんはいなかったですね。

f:id:sorademo:20190123001631j:plain

虫の話はここでおしまいです。

外には簡単なテーブル&ベンチとBBQコンロがあります。予約ページでBBQコンロがあるとは書いていましたが、ちゃんと立派なやつか気になっていたんですよ。

f:id:sorademo:20190123002212j:plain

ガス式タイプなので木炭を調達する必要もなし。蓋が付いてるので、オーブンみたいな使い方もできます。

キッチン回り(うちにも食洗器が欲しい)

f:id:sorademo:20190123001636j:plain

ここからはキッチンゾーン。壁からテーブルから白に統一されていて清潔感があります。

f:id:sorademo:20190123001627j:plain

IHコンロなので安全面でも◎

f:id:sorademo:20190123001742j:plain

左が冷蔵庫で右が食洗器。食洗器なんて人生で初めて使ったかもしれません。

f:id:sorademo:20190123002105j:plain

こんな感じの食洗器専用洗剤が備え付けてあります。3つだったのは3泊するからでしょう。

f:id:sorademo:20190123002112j:plain

こんな感じでガバっと開けて、左したのパカっとできるところに入れてスイッチを押すだけで洗浄スタート!食洗器欲しいけど、置くスペースがないから買えないです...

f:id:sorademo:20190123001737j:plain

ケトルやトースターもあります。自分たちで朝食を準備しないといけないので、スーパーで食パンを買ってくれば焼き立てがいただけます。

f:id:sorademo:20190123001733j:plain

電子レンジもあります。残念ながらオーブン機能はないみたいなので、ここでピザを作ることはできません。

f:id:sorademo:20190123001729j:plain

f:id:sorademo:20190123001724j:plain

お皿とかスプーンとか食器はひととおり揃っています。

f:id:sorademo:20190123001834j:plain

f:id:sorademo:20190123001829j:plain

上の棚にはコップやワイングラスがあって、ちょっとした調味料もあります。調味料はディスカバーテカポが用意しているのか、それとも宿泊した人が置いていっているのか。不明です。

f:id:sorademo:20190123001839j:plain

しゃもじとかトングまで何からなにまである充実のキッチンです。写真には収めていないですが、下の棚には食器用洗剤もあったので、食洗器とは別にフライパンを洗うときに使えます。

シャワールーム(いつかはウォシュレットに)

f:id:sorademo:20190123001949j:plain

バスタブはありません。シャワーだけです。バスタオルは用意されているので持ってくる必要なしです。

3泊もするとお風呂に入りたくなるのですが我慢です。テカポ湖の近くにはテカポスプリングスという温泉が楽しめる施設があるので、そちらに行くのもありですね。

トイレがウォッシュレットじゃないことが残念。結局ニュージーランドで温水便座にありつけなかったので、こういうもんだと割り切るべし。

www.sorademo.com

こういう時に持つべきものは「おしりセレブWET」です。どの国に行くときも私はおしりふきを携帯しています。

f:id:sorademo:20190123001945j:plain

洗濯機も備え付けなので長期旅行には助かります。洗剤も泊数分あったので安心。

f:id:sorademo:20190125005604j:plain

でも実は小分けのナノックスを持ってきていたので、こちらを使いました。これからもコテージとかAirbnbを利用するときには持っていく予定です。

f:id:sorademo:20190123001955j:plain

ちなみに玄関近くのクローゼットにはハンガーや小物干し用のスタンドもあるので、洗濯物は外で干すことができます。

f:id:sorademo:20190123002002j:plain

まさかのエコバッグもあります。フォースクエアのマスコットキャラであるおじさん(おにいさん?笑)が印刷されたイカしたバッグです。

f:id:sorademo:20190123001940j:plain

戻ります。トイレットペーパーはもちろん、ソープ類も備え付けです。小さなフェイスタオルなどもあります。タオルは持ってこなくてもOKですね。使ったら洗濯すれば良いですし。

f:id:sorademo:20190123002109j:plain

日数分のリンスインシャンプーもありますが、持参したシャンプーとリンスを使いました。こだわりのシャンプー類がある方は持参した方が良いですね。

チェックアウトの日までにゴミは業者さんが回収に来るので、外にある専用ボックスに入れる必要があります。食器類も洗って元の場所に戻す必要があります。来た時よりも美しく形式です。

リトルロックは星空観察にも◎

f:id:sorademo:20190123002257j:plain

長い長いコテージ内部の紹介は終了です。

リトルロックの利点は他にもありまして、こんな感じの高台が割と近くにあります。

夕陽がきれいです。夕焼けおじさんとしてはポイント高いです。

夜になると、ここからの星空の眺めがとっても良いです。コテージの玄関の光が少し気にはなりますが、中心部から離れている分だけ明かりは少ないので天の川がきれいに見えました。夜にここらへんで星空観察していたら、同じようなことを考えている方が数名いらっしゃるようで、割とスポットなのかもしれません。

f:id:sorademo:20190123002252j:plain

3泊したので星空観察のチャンスが3回あった訳ですが、2回はきれいな星空に恵まれました。ツアーで来るよりも泊数を稼げるので、そういう点で個人旅行はおすすめです。

リトルロックに宿泊して注意したいのが、街灯があまりないということ。

そのおかげできれいな星空が見えるのですが、一方で夜の怖さも付きものです。特に、テカポ湖に降りてから星空観察がしたい場合やアース&スカイ社の星空ツアーを予約している場合は、必然的に暗い道を10分近く降りないといけないです。いくら治安が良いテカポといっても、暗い道は誰だって怖いです。

f:id:sorademo:20190125001136j:plain

あと割とリトルロックが高台に位置しているので、スーパーの買い物袋を提げて10分歩くのは疲れます。女性2人の宿泊でレンタカーがないとちょっと厳しいかもしれません。

コテージ暮らしに必要なもの

 

リトルロックに泊まっているときは、もうここでずっと暮らしたいなあと思いました。日本でブログを書いている今もテカポに帰りたいです。

暮らすように旅する。そんな生活がテカポにはあります。

現地のスーパーで買ったもの

ボックスティッシュ、アルミホイル、その他食材

日本から持っていけばよかったもの

BBQ用の軍手

持ってきたもの

シャンプー、リンス、ボディソープ、おしりふき、トップ NANOX(ナノックス) ワンパック

www.sorademo.com

テカポ個人旅行編は別の記事にも掲載中!