sorademo.com

お妻さんとの旅行記をメインに綴るブログ

sorademo.com

【クライストチャーチ個人旅行】1日で巡るおすすめの観光スポットと現地の高級レストラン!

こんにちは。sorademoです。

 

ニュージーランドのクライストチャーチに行ってまいりました!

初めて行ったクライストチャーチだったので、どこを観光すればよいのか、何がクライストチャーチにあるのか、不安な面も多かったのですが、色々調べて観光してみたら1日でかなり多くの観光地を回ることができました。

そのたった1日に詰め込んだことを時系列で綴りたいと思います。

①1日の始まりはホテルのブレックファースト

f:id:sorademo:20190114124928j:plain

1日の始まりは素敵な朝食から!

写真とは関係ないのですが、ブログを書いているときにELTの『一日の始まりに』という曲を思い出しました。この曲好きなんです、雰囲気が特に、同士がいたらいいな。

戻ります。

宿泊したホテルはディスティンクションクライストチャーチホテル。カセドラルスクエアに位置する2018年3月オープンの星4.5のホテルです。

f:id:sorademo:20190114124811j:plain

このホテルの朝食にはなんとフレンチトーストがでます!

f:id:sorademo:20190114125008j:plain

ここら辺の肉肉しい感じがいかにも外国って感じです。

f:id:sorademo:20190114124955j:plain

チーズとハムサラミが充実!

うーん、朝からワインが飲みたい。

f:id:sorademo:20190114124941j:plain

盛り付けたらこんな感じ。

いや取り過ぎだろ笑

外資ホテルの朝食はテンション上がるので仕方ないです。

②ハグレー公園を散策する

街1個分はあるだろう大きな公園がエイボン川の近くにあります。

中にはクライストチャーチ植物園があり、ボタニックガーデンや噴水、広大な芝生などがあり、隅から隅まで歩くとけっこう時間がかかりそうです。

f:id:sorademo:20190114124501j:plain

植物園のビジターセンターにはカフェやお土産屋さんが入っています。売っていたお土産のセンスがけっこう良い感じでした。お花デザインのものが多くて、お花好きにはおススメです。

f:id:sorademo:20190114124526j:plain

トイレの脇にはこんなに綺麗な紫陽花が!ニュージーランドに来て紫陽花が見られるなんて思いもしませんでした。

③アートギャラリーでアイツを撮る

2015年12月に営業再開したクライストチャーチアートギャラリー。展示物はもちろんのこと、外にも面白い展示がございます。

f:id:sorademo:20190114125151j:plain

f:id:sorademo:20190114125139j:plain

瞬きひとつしないコイツは想像以上にデカいです。5メートルくらいあります。

私はコイツを撮影して満足し、中には入りませんでした笑

以上で午前中の観光はおしまいです。

④お洒落カフェでランチを愉しむ

クライストチャーチアートギャラリー付近で昼食にしました。

海外に来たらインスタ映え映えのランチっしょ!

私が入店したのはBUNSENというカフェ

f:id:sorademo:20190114173643j:plain

店内には人体模型がなぜかあって不思議な感じですが、ブラウンを基調とした落ち着く空間です。

f:id:sorademo:20190114125101j:plain

私が注文したのはこちら!

f:id:sorademo:20190114125126j:plain

なんか朝食で食べたようなベーコンが、、、

メニュー名もBreakfast Plateだった気がします。まあ朝ごはんって旨いよね。卵は焼き方を選べるのですが、ピンときたポーチドエッグを選択(それしか聞き取れなかったです)。20ドルくらいで少々お高いけれど、せっかくの旅行だしね。めちゃうまのインスタ映え映えでした。

⑤パンティング・オン・ジ・エイボンを体験する

午後の活動スタートです。

f:id:sorademo:20190114124919j:plain

エイボン川で川下りをします!

トラムやゴンドラとのコンボパスも一緒に販売していますが、今回購入したのはエイボン川のパンティングツアーのみのパス(1人30ドル)。

実は朝食を食べたあとにまずここの予約に来て、それからハグレー公園に行きました。

待ち時間が発生するので予約は早めにした方が良いです。

だいたい予約したのが10時くらいで、お昼過ぎにまた来ることに。ちなみに簡易的な施設で受付をしますが、クレジットカード決済ができます。

f:id:sorademo:20190114181346j:plain

パンティングツアーはベテランの船頭さんがボートを漕いでくれます。また、ニュージーランド原産の木や植物、鳥などの解説もしてくださいます。

日本語ツアーではないので英語を頑張って聞きます。たまにお客さんに話題を振ることもございましたので、出身を聞かれた気がしたら大きな声でジャッパニーズと答えます!

f:id:sorademo:20190114124513j:plain

川が綺麗なので鳥がたくさんいますし、透き通った水の中を魚が泳いでいるのも分かります。観光って見て終わることが多いのですが、このように体験することができるのは面白いです。約30分くらいのツアーで自然に囲まれた綺麗な川を眺める優雅なひとときです。

⑥電動スクーターLime-Sに乗る

f:id:sorademo:20190114125218j:plain

クライストチャーチで1番楽しかったのがこれ!

街中を歩いていると、緑色の電動スクーターに乗っている人が目につきます。

このスクーターは実はシェアバイクみたいなもので専用のアプリをインストールすれば乗ることができます。

Lime - Your Ride Anytime
Lime - Your Ride Anytime
開発元:Neutron Holdings. Inc.
posted withアプリーチ
あとは停められているライムを見つけて*2QRコードをアプリ経由で読み取ってアンロックするだけ。ちゃんとアクセルがあって、時速20km以上も出るので運転には注意が必要ですが、これがめっちゃ楽しい!クライストチャーチの街中をこれひとつで行き来することができます!
もうクライストチャーチの思い出といえばライム!
交通ルールを守って運転し、乗り終えたあとは邪魔にならないように駐車します
30分くらいの利用で約1000円くらいでしたね。また乗りたいです。

⑦カードボードカセドラルでパシャリ

f:id:sorademo:20190114124616j:plain

ライムを運転して行きついた先にあったのはカードボードカセドラル。

地震によって崩壊した大聖堂の代わりに仮設として建てられたそうです。設計はなんと日本人建築家!

f:id:sorademo:20190114124611j:plain

カラフルなステンドグラスがとっても綺麗だったのでパシャリ。
クリスマスが終わったのに海外はクリスマスツリーがよく残っている気がする。その反面、日本だとクリスマスが終わるとすぐに門松ですよね。門松が終わったら次は恵方巻。時間ってすぐ過ぎていくんだなあ。
クリスマスツリー×ステンドグラスは綺麗なので、これはこれとして全然あり。

⑧海が見たいのでニューブライトンに!

まだまだ行きます!遊びます!バスインターチェンジに戻ってイエローラインに乗って東に向かいます。海外に来たら海っしょ!ビーチに行くしかないっしょ!

f:id:sorademo:20190114124606j:plain

約20分で到着。まさかの曇り空に愕然。お昼までは天気良かったのですが仕方ないですね。

f:id:sorademo:20190114124602j:plain

そして風が強くて寒い寒い。本当は綺麗な夕陽が沈む海を見る予定だったのに。
ちなみに12月、1月のニュージーランドは日が暮れ始めるのが夜9時くらいからで、10時くらいにだいたい暗くなる。ということで、ニューブライトンで夕陽が見たいなら5時ではなく7時から8時くらいに来るのが良いと思います。
5時だと太陽の位置が日本でいうところの正午から2時くらいの位置にあるので、夕陽を撮影するために来たのに数時間も待たないといけないってことになりそうです。
ということで併設している図書館に避難します。

f:id:sorademo:20190114124707j:plain

割と図書館は空いていて一息つくことができます。

f:id:sorademo:20190114124712j:plain

良い天気だったら眺めも良いんだろうなあ。図書館の中には日本の漫画も置いていました。

f:id:sorademo:20190114124716j:plain

犬夜叉懐かしいなあ。PS4で遊ぶこともできるみたいで、天気が良くない日に時間を潰すのに良さそうです。無念ですが市街地に戻ります。

⑨ニューリージェントストリートでディナー

f:id:sorademo:20190114124830j:plain

西欧風のカラフルな建物が立ち並ぶニューリージェントストリート。レストランやカフェ、ブティックなどがあって観光客には人気のようです。

こちらに来た目的はこちら!

f:id:sorademo:20190114124835j:plain

twentysevenstepsっていうレストランです!Googleやトリップアドバイザーで評価が良かったので来てみました。クチコミだと予約が必要とか書いていましたが、予約なしで突撃したところラッキーなことに席が空いていました。西欧料理・ニュージーランド料理あたりが楽しめるようです。

アラカルトで注文した1品目はサーモンとスカラップスの前菜

f:id:sorademo:20190114124703j:plain

スカラップスっていうのが調べてみたらホタテ貝!

これが西欧料理なのかは分かりませんが、一流フレンチかよってくらい手が込んでいて美味しかった!

2品目の牛フィレ200gのステーキ!!

f:id:sorademo:20190114124659j:plain

さすがニュージーランドサイズ!

f:id:sorademo:20190114124840j:plain

こんなにガッツリいけるステーキを食べたのは久しぶり!

ソースだけじゃなくソルト、ペッパーあたりで味に変化をつけて美味しくいただきました!このほかにパンのサービスもありましたが、お妻さんはリゾットを頼んで、2人で1杯ずつグラスシャンパンをいただいて約140ドル(約1万円)。

安くはないですけど、せっかく外国に来て美味しいレストランに入りたいってときにおすすめです!

⑩最後にカセドラルスクエアに足を運んで

f:id:sorademo:20190116225239j:plain

ホテルが脇にあるのに来てなかったです。ふつうは最初に来そうなのですが、順番を間違えていますね。

f:id:sorademo:20190114124825j:plain

2011年の地震で崩壊した大聖堂。修復されたときに、その姿を拝みに、またクライストチャーチに来ようと思います。

いかがでしたでしょうか?

ちなみに移動はニューブライトンこそバスを使いましたが、基本は徒歩(もしくはライム)でカセドラルスクエアを中心に回ることができました。

今回の投稿がクライストチャーチ観光を考えられている方々のご参考になれば嬉しいです。それと、写真を貼り付けすぎたので、ページが重くなっていなければ良いのですが笑。ではでは皆さんも良い旅を!

*1:アプリ上で登録するときに、交通ルールを守ること等の規約に同意することが求められます

*2:GPSが埋め込まれているのでアプリ上にライムがどこにあるか表示されます