sorademo.com

お妻さんとの旅行記をメインに綴るブログ

sorademo.com

済州島でおすすめの観光スポット「O’sulloc TEA Museum(オソルロッティーミュージアム)」への行き方

こんにちは。sorademoです。

 

済州島のO’sulloc TEA Museum(オソルロッティーミュージアム)に行ってきました。

以前にソウルでO’sulloc TEA Houseに行ったことがあったので、ぜひ1度はO’sulloc TEA Museumに行ってみたいと思っていました。今回は現地の様子だけでなく、アクセスについても紹介したいと思います(というか、この記事のほとんどがアクセスについてです)

そしてそして、館内だけなら天気は問わないのですが、広大な茶畑もあるので天気が良い日に訪れるのがおすすめです!!

 

O’sulloc TEA Museumへの行き方【タクシー編】

空港とミュージアムの距離

まず悩ましいのが、「どうやってO’sulloc TEA Museumに行くか」です!

タクシーか、バスか。国際運転免許を持っていない場合はレンタカーの選択肢がなくなるので、どちらか2択ですよね!

済州国際空港とO’sulloc TEA Museumの距離はGoogle先生によると、29.5kmあるそうです。けっこうな距離ですね...

 

済州島のタクシー事情は、別の記事でも書いていますが、

初乗りは2kmまで2,800ウォン、

それ以降は144mごと、もしくは35秒ごとに100ウォン加算されます。

※2018年のタクシー事情

これを踏まえると、この29.5kmというのはタクシー代に換算すると、

2km = 2,800ウォン

(29.5km - 2km) ÷ 144m × 100ウォン = 約19,097ウォン

ということで、約22,000ウォンということになりますが、信号機があって停車時間が長くなったり、必ずしも直線距離で行ける訳ではないので、もっとかかることになると思われます。

 

日本のタクシー代を考えると、明らかに安いです。

タクシー1回が3,000円くらいで済むならば安いと思いますし、しかも複数人ならば1人あたり料金が下がって、より割安に感じられると思います。

 

タクシーで行くのはアリです!

 

しかしながら、済州島ではバス代がもっと安いので、私は市外バスを利用しました。ご参考になれば幸いです。

O’sulloc TEA Museumへの行き方【バス編】

市外バスターミナルから出発!

市外バスターミナルから私たちの旅はスタートです!

とりあえず向かいにあるセブンイレブンで旅のお供を調達します。

韓国のコンビニ

ポケモンのジュースがありますね...子供が喜びそうですね!

そして1,200ウォン!安い!

韓国のコンビニ

韓国のコンビニコーヒーも日本とは違ったものばかりで新鮮です!どれも2,000ウォンちょっとってことで、まあまあですかね。

海外のスーパーとかコンビニを巡るのってすごい楽しいですよね。

特にスーパー巡りは海外旅行に必須です。日用品エリアとかめちゃうろうろします笑

コンビニで買ったアイスコーヒー

こんな感じのお洒落パッケージコーヒーをゲットしました。飲みながらバスターミナルで待ちます。バスターミナルの中にはベンチが多くあるので、座って待つことができます。

T-moneyのチャージ

バス代はT-moneyで支払うことができます。残高が少ない場合は、バスターミナルの窓口でT-moneyをチャージすることができます!

 

O’sulloc TEA Museumへは151(150-1)番のバスに乗ります。

時刻表

30分間隔くらいで来るようです!

バスに乗ります!

バス代金の支払い方は、運転席のところにT-moneyをピッとする機械があるので、乗るときと降りるときに忘れずにピッします。

大きくTって書かれた機械なので、分かりやすいと思います! 

けっこう揺れます!

市外バスターミナルから降車駅である오설록(オソルロッ)までは約40分くらいかかります。ちなみに、151(150-1)番線は済州国際空港や新済州にも停車します。

 

도청/신제주로터리(済州道庁/親済洲ロータリー)

남녕고(南寧高校)

정존마을(正尊村)

 

これらのバス停が近ければ新済州からもO’sulloc TEA Museumに行くことができます!

 

詳しい路線図については、コネストのリンクもご覧ください。

急行バス150-1番(済州市外バスターミナル⇔摹瑟浦南港旅客船ターミナル)の路線情報 | 韓国リムジンバス情報|韓国旅行「コネスト」

 

O’sulloc TEA Museumの目の前にバス停があって、帰りも同じバス停(反対車線)からバスターミナルまで帰れます。

市外バスターミナルから乗車して、かかったバス代は1人4,000ウォン!

2人で8,000ウォンなのでタクシーに乗るより節約です!

O’sulloc TEA Museumに到着!

ようやく着いた~

ようやく到着です!

たくさんの観光客のみなさんがいらっしゃいます。この建物のほかに、茶畑が広がっていて、お散歩することができます。

また、韓国で有名なコスメinnisfreeのミュージアム「innisfree Jeju House」も併設されています。ちなみに、どちらも入場無料です。

緑がまぶしい茶畑を歩く

視界一面が茶畑!

来たぞー!茶畑!!

可愛いコーヒーカップ!

インスタ映えスポットも発見!

皆さん順番に写真撮影をしていたので、観光客には有名なスポットなのでしょう。O’sullocファン的には聖地ですね。 

O’sulloc TEA Museum 館内の様子

いよいよ入館です

中に入るとまず目に入るのがここ。ここも撮影スポットなのか、みなさん写真を撮影していました。

 

この近くにトイレがあるのですが、私が行ったときは個室(男)が故障していて。。。

しかも、昔ながらのトイレットペーパーが流せないタイプのトイレでしたので、余裕がある人はinnisfree Jeju Houseのトイレに行った方が良いです。

次行ったときには直っていれば良いのですが。

探検中

館内の階段を上がると、展望スペースがあります。ベンチも置いてあって、良い感じの雰囲気です。

 

階段をさらに上がると、

探検中

テラス的なところに出ることができて、 

探検中

茶畑を一望することができます。私が行ったのは6月でしたが、かなり気持ち良かったです。晴れた日には見晴らしも良いので、ぜひお立ち寄りください。

 

館内に戻ります。 

せっかくだから鑑賞しないとね

きれいな茶器が飾ってあります。せっかくミュージアムに来たので鑑賞もします。

せっかくだから鑑賞しないとね

鑑賞エリアを抜けた先にはショップとカフェがあります。ショップではお茶の試飲ができます。

これ絶品でした!

このお茶は和風(ほうじ茶?)なのにフルーティで初めて飲んだ味でした!

すっごく美味しくて、お土産としても購入しました。

 

O’sullocのお茶はパッケージが素敵で、

美しいわあ

お洒落なディスプレイです。見ているだけでドキドキするような、トキメキを与えてくれるパッケージです。

 

ちなみに私が行ったときは、お土産はinstant Tax Freeではなく、空港での手続きが必要でした。忘れずにやっておきたいですね!

 

こんな商品も売っていました!

これなんだろう

なんだかジャム的な?milk spread(ミルクスプレッド)と書いてあります。茶色がRoastedなので、おそらくほうじ茶で、緑の方は抹茶です。

 

自分用のお土産に買って、朝食のパンに塗ってみました。

これは美味い!

甘くて美味しい!!いままで無かった新しいジャムだなって思いました。疲れが取れるような優しい甘さです。

ミュージアムでもO’sulloc TEAのカフェやデザートが楽しめる!

何を注文しようか

館内にはカフェもあり、一息つくこともできます。席の数はたくさんありますが、たくさんの観光客が訪れますので、席を確保するのが大変です。

念願のロールケーキ

念願のロールケーキをゲットしました。食べてみると、中に入っているのがチーズクリーム!すっごい滑らかで、こりゃ美味い訳だ!!アイスも間違いない美味しさなので、ミュージアムに行ったらカフェも楽しんでみてください!

 

以上、現地からのリポートでした。

特にアクセスについては、行ってみようかなという方の助けになれば幸いです。 

www.sorademo.com